グループホーム 高齢者 認知症

Image Replacement

グループホームについて

グループホームとは はたしてグループホームとはどのような場所なのでしょうか。 認知症などが原因で、自分自身で独立した生活が出来なくなった高齢者の人たちが、5〜6人程度の一つのグループを作って生活する事をいいます。

グループホームとは


SEO



グループホームとは
はたしてグループホームとはどのような場所なのでしょうか。

認知症などが原因で、自分自身で独立した生活が出来なくなった高齢者の人たちが、5〜6人程度の一つのグループを作って生活する事をいいます。

ただ単に金銭的な問題などによって集団生活をするというわけではなく、5〜6人程度のグループによって周りとの親しみや家庭的な雰囲気を尊重しながら、
残された心身的能力を十分に生かしていこうとする為のものです。

認知症を抱えた高齢者を介護する家族の負担は、キレイ事を抜きにすれば大変、大きな負担が掛かるものです。

家族自身の生活環境や習慣が乱れてしまうことや、精神的なストレスなども加わってきます。

それらを軽減させると共に、認知症をわずらう方のためにもグループホームで集団生活の楽しさや生きがいを見い出していこうというものです。

また、高齢者のグループホームだけでなく、知的障害者や精神障害者の集まるグループホームもあります。


自発的な活動や意思を尊重し、持っている身体能力や感受性などを育てていこうというもので、利用する障害者の方も相当な数に及びます。

障害者を持つ家族の方は、障害があるために世間や人と交わることに不安を覚えて外に出そうとしないようになることがあります。

内に閉じ込めていては、進歩や発展が見られず、障害者の能力も内に閉じ込め発揮されなくなってしまうのです。

グループホームなどとは異なりますが、障害者が住み込みで働く場所を作ることをしてより活発で自発的な生活を支援するという動きも見られ始めています。