ケアハウス 高齢者 要介護でない

Image Replacement

ケアハウスでの生活



ケアハウスでの生活

今、日本は本格的な高齢化社会を迎えてきています。

ですから、以前より高齢者がより快適で元気にすごせるような配慮が求められるようになって来ました。

現役の第一線を退いた後、老後を心ともない気持ちで過ごしている方は決して少なくありません。

昔より一人暮らしの高齢者も増加してきていることから、病気の発作や事故の発見などが遅れて大事に至るケースもあります。

ケアハウスというものは、要介護が前提の施設ではありません。

高齢者の身体能力や機能に準じた生活をサポートしてくれるので、より活力のある生活へと導いていくことが可能になっております。

高齢者のの場合、たとえば、食事・入浴と言った生活の基本の準備などに関しても、高齢者が家中のことを全てこなすのは不可能ですし、
たとえ出来たとしても相当な労働です。

また、疲労や体の不自由も大きくなります。


これらを、「機能住宅」という観念から、ケアハウスが補助していく事で自立した生活が維持できるのではないでしょうか。

朝・昼・晩の食事に入浴や協力病院の対応、デイルームサービスなど、生活に必要な全てを手助けしています。

現在では、ケアハウスでの働くスタッフの需要がかなり見込まれているため、経験が豊富なスタッフの介護も受けることが可能です。

何より、毎日の生活に他人とのふれあいや会話があるのと無いのとでは、精神的な部分でも大きく変わってきます。

料金自体も、介護ホーム等に比べればだいぶ低料金です。より多くの人が入居を検討できるよう設定されています。


ケアハウスでの生活は、心身ともに元気であり続ける為のものだといえるでしょう。