ケアハウス 障害者 高齢者 認知症

Image Replacement

ケアハウスと障害者

ケアハウスと障害者
障害者の人で老人ホームなどの施設を利用したい場合はどうすればいいのでしょうか?
そんな方には、特定施設のケアハウスへの入居をおススメします。
たとえ障害があっても、なるべく自分ですることが可能な範囲のことは努力して行って、活動的な生活を送ることが大切ではないでしょうか。
基本的にはケアハウスですので、独立した生活を支援してもらえることでしょう。
最初から介護無しでは生活できない重度障害者の場合は除き、
ある程度の身の回りのことは自分でしながら、無理の無い範囲での自立した生活を目指していけるのではないでしょうか。
障害福祉サービスをするケアハウスはかなり数多く存在いたします。
しかし、ケアハウスに入居してからは生活保護の給付を受けることは非常に難しいといわざるを得ません。
障害者のケースだと、生活保護の受給は必要項目であると言えますが、ケアハウスに掛かる費用は全額自己の負担となってしまうと思われます。
生活保護に関してはあきめるか、多額の利用料金を負担することになってしまうでしょう。
また、精神の障害を患う人が集まって集団生活を共にするケアハウスも実際には存在します。
精神の病気であっても、障害者手帳を貰うことが出来ればケアハウスへの入居も可能です。
精神障害者のケースですと、狭い世界に閉じこもっての生活は決していいものといえません。
高齢になってくればなるほど、活動の範囲や人と接する機会なども失われていくことが多いでしょう。
ケアハウスでの集団生活によって、心の健康を維持していけるように努めてみるもの良いと思います。
通うよりも確実で賢い生活の援助になるかと思われます。