ケアハウス 生活保護 高齢者 認知症

Image Replacement

ケアハウスと生活保護

ケアハウスと生活保護
高齢者の人で、年金や貯蓄が無い場合に生活保護を受ける方もいらっしゃることでしょう。
「ケアハウスに入居しながら生活保護を受給することは可能なのか」という疑問を持たれている方も多いのが現実です。
生活保護を受ける必要があるケースですと、生活を支援してくれる身寄りの者が居ない場合がかなり多いのではないでしょうか。
基本的には生活保護の受給者でもケアハウスに入居することは決して出来ないことではありません。
ケアハウスの中には、生活保護受給者の受け入れを拒否している所もあるようですが、施設によって対応はちがいます。
しかし、一般的にはケアハウスの費用に補助金が出るために低料金での入居が出来るのですが、生活保護を受けている場合は全額自己負担となる事が予想されます。
これでは、低い料金で利用できるのが魅力なのにこれではケアハウスの特徴が生きてこないと考えられます。
現実の問題として、費用が逆に掛かってしまうことになるので、入居は厳しい状況となるでしょう。
ただし、入居予定のケアハウスやお住まいの地方自治体(市区町村)に直接連絡して、相談してみることも一つの方法です。
中には生活保護世帯であっても、夫婦で一緒に入居できるケアハウスなど、待遇のよい施設も存在します。
どのような形で生活を送っていくのが一番賢くて安心な方法なのか、一度は生活福祉科などに相談してみましょう。
専門家との相談によって、新しい生活のやり方を知る事もできますし、知らなかった制度を受けられることもあるかもしれません。