ケアハウス 補助金 高齢者 認知症

Image Replacement

ケアハウスと補助金

ケアハウスと補助金
ケアハウスは、低所得者向けで無料だったりまたは低い料金で入居できる老人施設です。
しかし、一般の老人ホームと比べてなぜ安い入居の費用で運営が出来るのでしょうか。
それは、国や県や市区町村などからの補助金が出ているからです。
ケアハウスの建設するのににあたって、補助金を受給出来ますから出費は少なくて済むわけです。
その分、入居者から取る費用も最低限なのです。
基本的にはケアハウスは社会福祉法人や自治体や医療法人などが運営や管理しているでしょう。
市営住宅や公団住宅が普通の賃貸に比べて、低い家賃の設定である事と同じ仕組みです。
しかし、ケアハウスであっても特定施設などの介護要素を含むものもあります。
有料ホームと同じタイプであることも確かです。
ケアハウスの基本は、介護を必要としない施設ですのでその分、低い料金で済むという側面も考えられます。
また、補助金は建設時だけでなく、入居者の費用負担においても出ることがあるようです。
所得に応じた、数段階の区分によって補助金を出し、より少ない金額での入居が可能になっているケアハウスもかなりあります。
ただ、やはりこれだけ深刻な高齢化社会に発展した今、スタッフの人数にしろ施設の数にしろ、相当な数の不足が目立っています。
補助金など全くない、入居の費用の高額な有料老人ホームなどでさえ空きが無い状況です。
ケアハウスの空室の状況は、さらに厳しいものと思われます。
待機制度なども利用し、良いタイミングで入居できればラッキーでしょう。