ケアハウス 申込み 高齢者 認知症

Image Replacement

ケアハウスの申込み

ケアハウスの申込みは
ケアハウスの正式な申込みは書類の提出と費用の入金によって完了します。
申込み方法は、電話で直接ケアハウスに問い合わせて入居状況を確認し、空きがあるかを確認します。
ケアハウスに空きがある場合は、入居の条件に当てはまるかどうかを確認の上、申込みの旨を伝えましょう。
また、正式な申し込みの前に一度、ケアハウスを訪問して中を見学してみるのも良いでしょう。
想像したの施設内の生活や雰囲気と、現実のものが一致していないと生活自体にストレスが溜まります。
電話で見学希望を伝えれば、多くの場合が気軽に施設内を案内してもらえるでしょう。
その時、施設によっては仮申込み段階としての「申込み用紙」を記入します。
また、この申込書の到着順にケアハウスへの入居が決まることがほとんどです。
いわば先着順になりますので、入居意思が決まっているようでしたら早めに申し込むようにしましょう。
入居出来る状況になったら、正式な本契約に移行します。
住民票、健康診断書、身元保証人などが必要になりますので、あらかじめ用意して提出できる状態にしておきます。
保証人は2名以上必要な場合がありますので、注意しておきましょう。
この必要な書類の提出が終了したら、費用の入金となります。
契約が正式に締結した後でしたら、いつからでも入居が可能です。
部屋があらかじめ空いていた場合なら入居者の希望をかなえてもらえるでしょう。
以上が一般的なケアハウスの申込みの流れになります。
地域や施設によって多少の違いはありますので、細かい部分は直接連絡して説明を受けてください。