ケアハウス 入居契約書 高齢者 認知症

Image Replacement

ケアハウスの入居契約書


ケアハウスの入居契約書

ケアハウスに入居する時の入居契約書に関しての解説と注意事項をお話しします。

入居する際に必要な入居契約書というものを、どのケアハウスでも提出する必要が出てきます。

契約書に記載された、入居に関する取り決めや責任の所在などに関しては、必ず同意の上、著名をするようにします。

管理、運営に関する規程は、契約書かそれに付属する用紙に必ず記載されています。

全てに目を通して、ケアハウスでの生活に疑問や不安を残さないようにしておく必要があります。

契約書に記載された内容に、不透明なところや疑問点がある場合は運営事務所に必ず問い合わせて確認を取りましょう。

最近では、届出をしていない正規でない有料老人ホームが増えていることが問題になっています。

ケアハウスの場合は、自治体や社会福祉法人や医療法人の運営が基本なのでそういった心配はないかと思います。

しかし、入居希望者との間に意思疎通が図れていないためのトラブルが起きるのは避けたいところです。

入居契約書の書名欄には、入居者の住所や氏名の他に、身元保証人の情報を記名する欄が設けられています。

ケアハウスへの入居には、身元保証人の確保が必ず必要になりますので、必ず準備をしておきましょう。

契約書に署名押印でケアハウスの入居管理規程に同意したことなり、入居が可能になります。

正式な申し込みが完了するのは、この入居契約書を提出した後の入金が確認されてからとなります。

入居契約書の作成にあたっての注意は以上の通りです。