ケアハウス 料金 高齢者 認知症

Image Replacement

ケアハウスの料金


ケアハウスの料金は大抵、非常に低く設定されています。

元々が、中低所得者向けの施設として設立されているからです。

有料老人ホームなどは、入居の費用や月額費用が相当高額になります。

高齢者が増加していることからも、入居可能な施設が減少しつつあるために競争率が大変高く、
その分だけ値段もつり上がっていく傾向があります。

ただし、ケアハウスの設立には補助金が入ります。

その分サービスを充実させ、料金設定を抑えた形になっているのです。

ですから、身体の機能が著しく衰えてしていない高齢者の場合はケアハウスが一番向いている施設であるというわけです。

ケアハウス自体が一種の制度となっていて、以前は軽費老人ホームの一部でありました。

軽費というくらいですから、もちろん料金が一般の老人ホームに比べて低くなるのが当然のことなのです。

料金が発生しない、無料の施設提供もありますが、実際に完全に無料では入れることは珍しいパターンでしょう。

高齢者の数がこれだけ増加している中で、無料、もしくは低料金で入れる施設があれば、希望者の殺到が見込まれます。

また、入居の初期費用や月額料金については地域や施設ごとに料金は変わります。

入居する人の、年間の所得などによっても金額が上下することがありますので、自治体やケアハウスに直接問い合わせて確認してみましょう。

また、低い料金設定が売りと言えども、初期費用などは多少まとまった額の入金が必要になる事が多いです。

所得が低いほど費用も小額で済みますが、負担になるようでしたら身寄りの方と一緒に暮らす検討ももちろん必要となります。