介護老人福祉施設 高齢者 認知症

Image Replacement

介護老人福祉施設

介護老人福祉施設とは、日常の生活を自分ひとりですることが困難な高齢者をサポートする入所施設です。

全ての生活の支えを、介護スタッフによって手厚くサポートします。

要介護認定を受けている高齢者の人であれば入所が可能ですが、入所判定委員会の審査を受ける事が必要となります。

入所が可能と判断された時は、生涯にわたって介護サービスを受けながら生活できる保障があります。

訪問介護などでは限界がある場合や、家族の負担が大きくなってしまうと言った場合によく利用される介護施設です。

介護老人福祉施設の特徴としては、食事や入浴から排泄などの日常的な生活のサポートはもちろん、グループケアなどが魅力的です。



高齢者によくあるのが、一人暮らしになり人とのふれあいや活動が制限され、精神的にも内にこもりがちになります。

同居家族が居た場合にも、この介護老人福祉施設でのケアなどのように楽しみながらできる活動というのはあまりないでしょう。


このように、体や心を大きく動かして日々生活していくことで、高齢者自身の生命力や生きる活力を増進させていくこともできるのに一役買うことでしょう。

また、このような施設で提供される食事は、栄養士の管理の下に作られており、健康への配慮も行き届いています。

介護老人福祉施設は、全てにおいて、高齢者のために考えた最良の空間を作る努力をしています。

年齢を重ねても明るく生きていけるよう、介護老人福祉施設のような場所を利用される
老後も大変いいものではないでしょうか。