軽費老人ホーム(A型) 高齢者 認知症

Image Replacement

軽費老人ホーム(A型)

名前のとおり有料老人ホームなどに比べて軽い費用での入居利用ができる老人ホームです。


その中でもA型と呼ばれる軽費老人ホームは、低い料金であることが一番の特徴です。


基本的に、入居者の資産などが利用料金の2倍以下しか無い、更に身寄りなどもなく同居可能な家族が居ない方が対象です。


基本料金は、ケアハウスと同様に利用者の所得によって左右されるので一律ではありません。


基本的な食事や入浴や寝床を提供してもらい、他入居者やスタッフなどの人と接しながら温かい雰囲気を築いて行きます。


軽費老人ホームA型の制度が無い場合、この利用条件に当てはまる高齢者の方は経済的に大変困っており寂しい生活を送ることを余儀なくされます。


身寄りや同居人もおらず、資産も少ない状態で、不自由になりつつある体を使って一人で生活していくことになるわけです。


非常に苦しい生活ですし、精神衛生的にも良くありません。


ただ、入居状態は満室なことが多く、待機している入居希望者も数多くいるのが現実です。


軽費老人ホームA型も全国で設立が進んでいますが、全然足りていないと言うのが現状なのです。


高齢化社会が深刻化している中、これらの老人ホーム施設を利用しなくとも、家族と温かい生活が出来るように配慮する必要も出てきます。


若者と高齢者とのふれあいや、尊敬の心を忘れずに、同居できるような社会になっていくことが望ましいですね。