養護老人ホーム 高齢者 認知症

Image Replacement

養護老人ホーム


養護老人ホームとは、老人福祉法に規定されている施設です。


体や精神に不自由があるケースや、家庭環境や経済的な理由によって独立した生活が難しい高齢者が入居する施設です。


養護老人ホームへの入居は、65歳以上であることが第一条件で、入所基準が設けられているので確認しましょう。


まず、常時介護が必要な高齢者のケースは入所出来ません。


その場合は特別養護老人ホームへの入所が望ましいかと思われます。


ある程度自立して身の回りのことは自分で可能な状態であることが条件となります。

そして、同居できる家族が居ないこと、身寄りの者が無いということが認められる状況であることも条件です。


また、経済的な理由での入居を希望するケースは、その世帯が生活保護を受給していることなどが条件となります。


養護老人ホームは、端的に言ってしまえば身寄りの無い高齢者が一人で困らないように保護するシステムという感じになるでしょうか。


そして、体に重度の障害などがあって介護が常時必要となるケースには、特別養護老人ホームへの入所となります。


寝たきりの方、自力での歩行が困難なケースは排泄や入浴などの日常生活の介護が必要です。


訪問介護などの選択肢もありますが、家族の同居や支援が第一条件ですので、いろいろな理由によって老人ホームへの入居が増加しています。


特別養護老人ホームのケースも、現在空きは非常に少ない状況で、ヘルパーなどの不足も問題視されています。