老人ホーム 高齢者 認知症

Image Replacement

老人ホーム


老人ホームとは、老人福祉施設の総称の事になります。

老人ホーム中にも数種類の施設が存在します。


基本的に老人ホームとは、身体的、精神的な障害によって、身の回りの介護が必要な場合や家庭環境の都合によって一人での生活が難しいとか
不安な高齢者が入所して集団生活をする場所になります。


専属のスタッフの配置になどによって、食事や入浴や排泄などの世話をする介護から、必要なと
きだけ手助けを行う形の老人ホームまでいろいろです。


一般的には、民間の老人ホームは非常に利用料が高いといわれています。

ケアハウスや軽費老人ホームなどの自治体や医療機関や社会福祉法人が運営するものだと、利用料金は比較的安くなります。


現在では、急速な高齢化社会への変化によって老人ホームの空きは非常に少なく、待機者もかなりの数に上っていると見られています。


老人ホームの魅力としては、まず高齢者が心細い一人暮らしをすることなく、人とのふれあいの中で生活していけるということ。


そして集団生活で、自分の身体能力を出来る限り生かしながら生活していけると言うところでしょう。

また反対にデメリットも挙げられると思います。

高齢者の家族を、老人ホームへ追いやろうとするような冷たい環境も現実問題としてあります。

お年寄りと子供や若者が一緒に暮らすという生活は薄れつつあり、核家族化が進む原因になるとも考えられております。


高齢者への尊敬の心や、障害や介護への関心は少子高齢化のこれからの時代に必要不可欠になっていきます。


少しでも多くの国民や家庭が高齢者の受け入れについて関心を持てるような社会になることを祈っております。